#09【機械設計】FreeCADの使い方 3Dモデルの作り方【2019年4月】

スポンサーリンク

どうもこんにちは!

今回は機械設計記事の第9回という事で、前回記事でダウンロードした「FreeCAD」を使って、実際に3Dモデリングをしていこうと思います!

 

まだコチラのCADをダウンロードしていない方は、前回の記事を参考にしてもらえればと思います。

【前回の記事はコチラ】
 ↓↓↓

それでは早速「FreeCAD」で3Dを作ってみましょう!!

■まず「FreeCAD」を起動します

■[ファイル] → [新規] を選択します

■下図のように「Part Design」を選択します

■「新規スケッチを作成」のアイコンをクリックします

■「XY_Plane(ベース平面)」を選択してOKをクリックします

■「スケッチ上に長方形を作成」をクリックします

■下図のように、原点で左クリックして、右上付近(任意の場所)でもう一度左クリックします

■ここからは寸法拘束をかけていきます!
 下図のコマンドをクリックします

■まず水平線(横線)をクリックします。
 するとウィンドウが出てきますので、長さに「20」と入力してOKをクリックします

■次は垂直線(縦線)に寸法を入れます。
 下図の順番にコマンドを選択し、長さに「10」 と入力します

■このように線の色が緑色に変われば、寸法拘束がされている状態です

■「編集中のスケッチを閉じる」を選択して、スケッチコマンドから抜けます

■これで2Dスケッチは完成です。ここからは3Dを作るための操作を行っていきます

■その前に、先ほど書いたスケッチを少し回転させておきましょう
 中ボタンを押しながら左ボタンを押し続けます。
 その状態でマウスを動かすと回転出来ます。

【マウス操作】
移動・・・・・中ボタンドラッグ
拡大縮小・・・中のホイールを回す(または中ボタン押しながら、左ボタンを一度だけ押して上下に動かす)
回転・・・・・中ボタンと左ボタンを押して動かす(注意:中ボタンから先に押すこと)

※有料CADである「CATIA V5」とマウス操作が殆ど同じため、実際に業務でCATIAを使っている人には違和感がないと思います

■「選択されたスケッチを押し出し」をクリックします

■押し出しパラメーターに「50」と入力してOKをクリックします

■無事3Dモデリングが出来ました!!

いかがでしたか!?

今回は初めてCADを使って3Dを作る人向けに記事を書いたので、スクショを多めにしておきました☆

3DCADでのモデリングの基礎について記事を書いてみましたが、
実際に機械設計者や機械系のCADオペレータを目指すのであれば、加工部品の知識なども必要となってきます!

そういう知識も身に付けたい!という意識の高い方は下記の本がおすすめです!!

ついてきなぁ!加工部品設計で3次元CADのプロになる!―「設計サバイバル術」てんこ盛り

この本はかなり初心者にも分かりやすく3DCADの活用法について書いてあります!
私自身も設計初心者の頃、実際に買いました!

今後もCADを使うユーザーが増えていければと思っていますので、この他にもオススメな情報があれば、どんどん記事にしていこうと考えています!

まだこのブログをブックマークしていない人は、是非ブックマークしてもらえると凄く嬉しいです(^^)


それではまた次の記事でお会いしましょう!!

FreeCAD」のオススメ記事◆
 コチラも是非見てみてください☆
 ↓↓↓
 

次の機械設計の記事を見る
 ↓↓↓

前回の機械設計の記事を見る
 ↓↓↓

CAD
スポンサーリンク
とまとーなをフォローする
スポンサーリンク
好きな事で生きていく

コメント