画面外に消えたウィンドウを元の位置に戻す方法

スポンサーリンク

会議などでプロジェクターに映していたウィンドウが、プロジェクターを切断した後、画面外に消えてしまっている時の対処方法について記事を書いていきます。
よくノートPCの画面を拡張して、別モニターに映している時に起こる現状ですね。

画面外に消えたウィンドウを元の位置に戻すには、ウィンドウを動かしに行かなければなりません。

しかし、マウスでウィンドウをドラッグしにいきたくても、画面外にマウスが動いてくれないので『ムキー!』ってなるやつですね。




でも安心してください!

キーボードの操作だけでウィンドウを動かすことが出来ます!!

 ■やり方■
① 戻したいウィンドウを下側のタスクバーからクリックします
② [Alt] + [スペース] を押します
③ キーボードの [M] を押します
④ キーボードの矢印キーのどれか [←↑→↓] を押します
 ※だいたい場合、右側にウィンドウがあることが多いので、左矢印[←]を連打すれば戻ってくるかと思います

画面は見えないですが、内部的にはウィンドウの移動が選択されています
 ↓↓↓

ちなみに矢印キーを連打するのが面倒な人は、④のキーボードの矢印キーのどれか [←↑→↓] を1回押した後は、マウスを動かすとウィンドウも一緒に移動されるので、早く元の位置に復帰することが出来ます!

もしお困りの方は試してみてください!

パソコン関係
スポンサーリンク
とまとーなをフォローする
スポンサーリンク
好きな事で生きていく

コメント