フリーCAD「Fusion360」を30日後も無料で使う方法について

スポンサーリンク

「Fusion360」は無料で使えるCADソフトですが、30日間を経過すると試用期間が終わってしまいます。

 

しかし非商用目的であれば、延長して引き続き使うことが出来ます。
今回はその延長方法について説明していこうと思います。

 

「Fusion360」は非常に高性能な3DCADで、下手すると高額の有料CADソフト(SolidWorksやCATIA)よりも優れている機能もあります!
正直このレベルのCADが無料で使えるとは信じがたいです。

おそらくどこかのタイミングで、機能制限やアドオンが有料になるなどの対応が今後あるような気がします(あくまで個人的な予想です)
それくらい優れたCADということです!!

 

さあ、そんな優れたCADを早速試用延長していきましょう!!

■試用期間の30日が経過してからソフトを起動すると、左上に「期間は終了しました」というメッセージが表示されます。

 そこで右上の「期限切れ:購入してください」というオレンジ色の文字をクリックします

■どれかにチェックを入れて、続行をクリックします

■「資格」をクリックします

■「非商用目的」にチェックを入れます

■ライセンス認証のため2つの項目にチェックを入れ「続行」をクリックします

■「登録を完了」をクリックします

■「Fusion360を使用開始」をクリックします

 これで無事延長して使うことができます!!

いかがでしたか!?

今回は「Fusion360」の試用期間を延長する方法について解説しました。

 

最近では無料で使える3DCADも増えてきて嬉しい限りです!

このブログでは他の無料CADについての記事も書いていますので、是非そちらも参考に見てみてください。

 

◆「FreeCAD」の使い方についてはコチラ
 ↓↓↓
https://sukinakotode-ikiteiku.com/mecha009/

 

◆「DesignSpark Mechanical」についてはコチラ
 ↓↓↓
https://sukinakotode-ikiteiku.com/mecha006

次のFusion360記事はコチラ
 ↓↓↓

Fusion360
スポンサーリンク
とまとーなをフォローする
スポンサーリンク
好きな事で生きていく

コメント