#16【機械設計】引張強さ、降伏点、ヤング率をまとめた材料一覧表

スポンサーリンク

さて今回は機械設計の新入社員~2年目くらい向けに「材質一覧表」を作ってみました。

 

日頃から先輩や上司から色々言われて、そろそろ機械設計が嫌いになっている頃かと思います(笑)

 

そんな迷える機械設計初心者向けに、このブログでは色々な技術資料や無料CADについての記事を日々アップしています!

 

今回は機械設計記事の第16回目という事で「材質一覧表」を作成してみました!

 

いつものようにページの一番下にダウンロードファイルをアップしておきます!

それでは早速作成した一覧表を見ていきましょう!!

ダウンロードしたファイルを開くとこんな感じです!

正直機械設計で使用される材質は多すぎるので、ここでは比較的良く使
われやすい材質のみを集めてみました。




基本的には、鉄系、ステンレス、アルミ、アルミダイカスト、樹脂です。




それぞれ引張強さ、降伏点(0.2%耐力)、ヤング率を記載しておきました。





ここで注意してほしいのですが、あくまでここでの数値は目安であるということを理解しておいてください。

実際では各会社の取り扱い材料メーカーによって数値が異なります。
現在お勤めの規格がある場合はそちらを優先してください。

さてさて、ベテラン設計者や技術者あるあるなのですが、
基本的に偏屈で変わり者が多いです(私の周りだけですかね!?、、、)




例えば、材質「S45C」をウッカリ「鉄」とか言ってしまうと、、、




前、鉄がどんな物か分かっとんのかぁーーーーー!!!




とか言ってきますので非常に注意です(笑)



そこで「何が違うのですか?」とか聞いてしまうと更に状況が悪化しますww



純度100%の鉄が使われると思うか?』とか
鉄の鋼との違いは?』とか
炭素量の意味は? S45Cの45は何を意味してるか理解してんのか?


などなど、追撃が飛んでくるので注意です(笑)



もしくは

JIS便覧やGoogleで調べて報告せい!!


というバージョンもありますww

基本技術者という生き物は、手取り足取り教えてくれるものではありません。




凄~く、たま~~に、優しく教えてくれる技術者もいますが、ほぼ絶滅危惧種と思ってもらってOKです!!




そのため、なるべく優しく、分かりやすく機械設計情報を展開する!をモットーに、このブログを立ち上げました!!



今まで記事も今後の記事も、なるべく分かりやすく作っていくつもりなので、今後とも当ブログをよろしくお願いします。
ブックマークなどもしていただけると凄く嬉しいです☆



それではまた次の記事でお会いしましょう!!


材質一覧表のダウンロードはコチラから
↓↓↓

次の機械設計の記事を見る
 ↓↓↓

前回の機械設計の記事を見る
 ↓↓↓

機械設計
スポンサーリンク
とまとーなをフォローする
スポンサーリンク
好きな事で生きていく

コメント