エクセルでパスワード付きPDFを作成する方法(旧バージョンのエクセルでも変換可能)

スポンサーリンク

エクセルでパスワード付きのPDFデータを作成する方法について、ご紹介していこうと思います。

古いバージョンのエクセルをお使いの方も、この方法であればパスワード付きPDFを作ることが出来ます!

もともとWordにはパスワード付きPDFを作成する機能があるのですが、残念ながらExcelにはPDF変換のみで、パスワードロックがかけられません。

PDF化だけしておいて「Adobe Acrobat」などの別ソフトで、パスワードを追加することも出来ますが、今回紹介する方法はExcelから直接パスワード付きPDFを出力する方法について書いていきます。

まず始めに「CubePDF」というフリーソフトをインストールします。

どこからダウンロードしても良いのですが、私は「窓の杜」からダウンロードしました。

【窓の杜からダウンロード】
  ↓↓↓
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/cubepdf/

・32bit版と64bit版があるので、お使いのパソコンに合わせてダウンロードしてください。
 ※ちなみに私の端末は64bitですので下側の方をダウンロードしました

■無事インストールが終わったら、PDF化したいExcelファイルを開きます。

■「ファイル」→「印刷」を選択します

■「プリンター」から「CubePDF」を選択します

■「印刷」をクリックすると、下図のようなウィンドウが出てきます

■下図のようにクリックして、パスワードを入力します

■最後に「変換」をクリックすると、パスワード付きのPDFデータが作成されます

いかがでしたか!?

今回はExcelからパスワード付きPDFを作成する方法について、記事を書いていきました。


他にもパソコンソフトの色々な使い方に書いていますので、もし興味のある方は他の記事も見てもらえると嬉しいです☆


それではまた次の記事でお会いしましょう!!

Excel
スポンサーリンク
とまとーなをフォローする
スポンサーリンク
好きな事で生きていく

コメント