#14【機械設計】おすすめ 本 参考書 紹介【初心者】

スポンサーリンク

ここでは私が機械設計を始めたばかり頃、買って良かったと思った本を紹介していこうと思います!

 

まずは初めて買った本の紹介です!

 

「図面ってどない描くねん LEVEL2」

 

これは完全にタイトルに惹かれて買いましたね。

 

当時の本屋さんの本棚を見ていた時、関西弁で興味を持った一冊です!

 

 

しかしこの本タイトルだけでなく、内容もかなり良い本なんですよ!!

 

当時図面の公差計算ばかりやっていた(やらされていた)頃、幾何公差の概念があまり良く分からず、困っている時に凄く助けられた本です!!

とても分かりやすく詳しく書いてあって、この本のおかげでかなり図面の知識がつきました!

 

しかも当時何故かLEVEL2から買ったんですよね(笑)

 

幾何公差の知識を付けたい人は、この一冊で決まりだと個人的には思っています!!

Amazonはコチラ
 ↓↓↓

図面って、どない描くねん! LEVEL2(第2版)

新品価格
¥2,376から
(2019/6/7 20:36時点)

楽天はコチラ
 ↓↓↓

図面って、どない描くねん!(LEVEL 2)第2版 わかりやすくやさしくやくにたつ [ 山田学(技術士) ]

価格:2,376円
(2019/6/7 20:39時点)
感想(2件)


次のおすすめ本はコチラです!!

 

「ついてきなぁ!加工部品設計で3次元CADのプロになる!」

 

著者は「國井良昌」さんという方なのですが、この方のネット記事をよく読んでいて、かなり内容が分かりやすいうえに、面白い記事をいっぱい書いていたので購入することを決めました。

 

初心者の頃は3Dモデリングが主な業務になる企業も多いので、3次元CADをメインで使っている設計者にはコチラの本がおすすめです!

ちなみにCADの操作方法について書いてある本ではなく、設計者として3Dを上手く使っていくためのノウハウが書いてある本です!
まずはこの本を読んで、脱トレーサーを目指しましょう!!

Amazonはコチラ
 ↓↓↓

ついてきなぁ!加工部品設計で3次元CADのプロになる!―「設計サバイバル術」てんこ盛り

新品価格
¥2,376から
(2019/6/7 21:15時点)

楽天はコチラ
 ↓↓↓

ついてきなぁ!加工部品設計で3次元CADのプロになる! 「設計サバイバル術」てんこ盛り [ 國井良昌 ]

価格:2,376円
(2019/6/7 21:17時点)
感想(0件)

まだまだ紹介したい本は山ほどありますが、一度に何冊も紹介するのも微妙なので、今後徐々に記事にしていこうと思います!


他にも機械設計に関する記事を色々書いていますので、暇があればこちらも見て貰えると嬉しいです!!

次の機械設計の記事を見る
 ↓↓↓

前回の機械設計の記事を見る
 ↓↓↓

機械設計
スポンサーリンク
とまとーなをフォローする
スポンサーリンク
好きな事で生きていく

コメント